» HOME » What's SOHLA » ニュースリリース » 人型宇宙ロボット » 小型人工衛星 » 賛助会員紹介 » 募集 » 講演会 » イベント » メディア » アクセス » リンク » 利用条件
プロジェクト概要
手がとどく、宇宙。
一般的に、人工衛星の開発には3年から10年の年月と、数億円から数百億円のコストが必要とされています。 これまでに商用利用されてきた人工衛星は限られていますが、コスト面・納期面だけ見ても、衛星ビジネスの難しさがうかがい知れます。
このような状況になった理由はさまざまですが、そのひとつに、ほとんどの人工衛星がフルオーダーメイドで開発されている事が挙げられます。 一方、パソコン業界では、モジュール化が当たり前の時代。
モジュールの性能を競い、性能が飛躍的に高まったパソコンのように、人工衛星も基幹部分(通信機器、電源機器など)をそれぞれモジュール化し、それをプラグイン式に組み合わせて衛星にすることによって、低価格化・短納期化、ひいては高信頼性を実現することができるのではないか---東京大学・中須賀教授のそんな発想から生まれたのが、汎用小型衛星PETSAT(ペットサット)です。 2003年度には、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)からの委託事業として、PETSATの実現を目指したプロジェクトがスタートしました。
SOHLA若手エンジニアと東京大学をはじめとする大学生、製造を得意とする企業が結集し、産学官連携プロジェクトとしてPETSATの開発に挑戦しています。

まいど1号は、PETSATの実験衛星。
PETSATの研究開発において、NEDO委託事業期間では、2機の(実証)実験衛星を開発します。 雷雲の観測をミッション(衛星の利用目的)の一例として研究開発を行っています。

1号機の開発コードは「SOHLA-1」
衛星として機能するために必要な基幹機器(通信機器、電源機器など)を製造し、 雷観測を行うために必要なセンサのテストモデルを衛星に搭載して、宇宙空間で実証実験を行う予定です。

2号機の開発コードは「SOHLA-2」
SOHLA-1で得た知識を活かし、PETSATの研究成果を形にした発展形モデルの実験衛星です。雷雲の観測実験を行います。(SOHLA-1、SOHLA-2のいずれか、SOHLAから最初に打ち上げに成功した衛星に「まいど1号」と命名する予定です。)

2機の実績をもとに、目指すはPETSATの実用化。雷雲の観測だけでなく、その他のニーズにも幅広く応える汎用小型衛星が誕生する日を目指して---技術者達の挑戦は続きます。